• 金. 9月 22nd, 2023

憧れをどんな風に抱くだろうか。

憧れている状態。

これは自分にソレが無い事を認めている状態。

現状を認める事は大切だが、

認めてしまったら前に進まない事もある。

憧れているとは危ない状態かもしれない。

また、ある種安全な位置にいる事の証明かもしれない。

すでに成っているのならば憧れる事は無い。

当たり前だ。

成ってしまえば気が付かずに消えてゆくモノだ。

欲と同じだ。

気が付かずに消えてゆく。

無意識に憧れる事もあるだろう。

ただ、自分の成っている状態。

これは自ら憧れた状態なんだとも言える。

鬱の日々に思った事だ。

これは自ら憧れてこう成っているのかもしれないと。

ならば抜けるには、別のことに意識して憧れるべきなのかもしれないと。

俺は半年ほど鬱で引きこもった。

35歳だ。

35歳自営業。収入はない。

未来もない。

今すらない。

そんな心境だった。

鬱の思い出と言うのも変な話だが、

これもうつによってもたらされた思い出。

俺の一部だ。

残しておこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です