• 火. 4月 23rd, 2024

ダイエット。

それは人類の永遠のテーマのひとつだろう。

特に俺のようにすぐ太る体質というのは、

なかなかに付き合いが難しい。

俺は17歳の時に体重120キロになった。

そうデブである。

階段を登るだけで息は切れ、体の重さを実感する日々。

そんなある日、

俺は本来なら夕飯を食べる時間、

遊び呆けて食事を抜いた。

そして、それは肌寒い秋頃だった。

自販機で350mlのホットレモンティーを飲む。

なんと満腹になるではないか。

俺は思った。

毎晩、晩飯の代わりにホットレモンティーを飲めば痩せるんではないか。

その仮説は正解だった。

体重はみるみる減り、半年程で90キロ台に突入。

そう、デブは痩せやすいのである。

最初はホットレモンティーに頼っていたが、

1週間もするとホットレモンティーは必要なくなり、

もともと朝はさほど食べない生活だったので、

1日1食生活で過ごしただけだ。

特に運動もしていない。

それで半年もかからず30キロ減に成功。

毎日わずかに減る体重。

それが楽しくてしょうがなかった。

食ってもいないのに増える日もあった。

俺は空気でも太れるらしい。

とにかく毎日体重計に乗る日々だ。

120キロのデブ童貞の18歳は、

90キロになるとすぐ彼女ができた。

なんだ。

痩せるだけで彼女って作れるのだなと思った。

痩せているのに彼女が出来ないなんて嘘なんだな。と思った。

世間的にはまだまだデブなわけだけど。

そして、最初の半年で30キロ、

その後も続けて、一年半で20キロ痩せた。

合計50キロのダイエット。

洋服はXXLからMサイズになる。

服を買う時にサイズを見るのではなく、

デザインで選べる。

そんな喜び知らなかった。

まぁそんなわけで、

ダイエット成功者の俺はいくつかの仮説とルールを作っていた。

1.一度の食事から吸収できるカロリーには上限がある。

これは、一日一回ならば、どれだけ食っても良い。と言う法則。

少ないに越したことは無いが、食べたい欲求が高まる時もあるだろう。

そんな時は、死ぬ程食うに限る。

そして、食べ過ぎた所で、カロリーを吸収しきる前に下から出るのではないか。と言う話だ。

あくまでこれは経験則だが、

食い過ぎても急に太る事はない。

摂取したカロリー分の全てを吸収出来るほど、人体は優秀ではないっぽい。

2.痩せる前は太る

これも簡単な話だ。

毎日体重計に乗るとわかるが、

体重が減る前は、なぜか何も食べてなくても、

体重の数値だけは増える。

そして、5日から10日後にがくりと落ちる。

その間に食べ過ぎたりすると減らないのは当然だが、

ダイエット中に増えた時は喜ぶタイミングだ。

お。そろそろくるな。と思えば良いだけなのだ。

3.どうしても食いたい時は決まった物を死ぬ程食え

俺は当時、マックのフライドポテトと、アイスクリームは緊急時なら食べて良い。

しかも、それは食事にカウントしない。

と言うルールを作っていた。

この二つを満腹食べれば、かなりの割合で満足できたからだ。

月に1〜2回はコレを貪るように食っていた。

マックのポテトならL4つとか、アイスクリームは1リットル入りのヤツとか、

もー食べたくないよーってなるまで食べる。

そうすると、普通の食事も食べたくなくなる。

そうやって、モチベーションを保つ事なく、

単純に食べたくなくなる環境を作っていた。

4.痩せるだけに集中する

俺のダイエットは痩せる以外の目標は無い。

もっと言うと、体重を減らすだけが目的だ。

炭水化物を食わなくなると、体臭がキツくなる。

これは科学的に言われている事だ。

でも気にしない。

運動をしながらじゃないと、汚く痩せる。皮が残る。

知るかボケ。

痩せればええねん。

栄養失調気味でお肌ボロボロ。

多めに保湿しとけば良いのよ。

体重減る方が大事。

単純に栄養失調気味で、何もやる気にならない。

体重を減らす事をしているので、他の事が出来なくてもオッケー。

体調を崩す。

体がいくら壊れても、体重が減る方が大事。

5.空腹と満腹は同じ感じ

極度の空腹は、なぜが満腹と同じ感覚なのである。

これは是非経験してもらいたい。

と言うか、何言ってんだって思われるんだろうけど、コレが本当なのである。

満腹中枢ってヤツが、脳のどの辺りにあるのかは知らないけど、

極端に腹が減ると、満腹中枢が満たされるのである。

俺の経験だけで言えば、2日何も食べないとそれ以降、ずっと満腹感を味わい続ける事ができる。

だが、これは脳の錯覚なので、

3日とか絶食すると、本当に何も出来なくなる。

それで渋々食べ、とりあえず動けるだけのカロリーを摂取する事がちょくちょくあった。

腹減ったなーと、満腹だなーはとても似ている感覚だ。

と言う事は覚えておいてもらいたい。

とまぁそんな感じで、俺の場合、

体重が減る事が正義であって、他の事は全て捨てた。

そうやって楽しく痩せたのである。

残念ながら、痩せた体は皮がダボダボに残り汚い。

その後も筋トレとかしたわけでもない。

今でも太ったり痩せたりを繰り返しているが、

増減は20キロ以内と言った所だろうか。

ゾーンに入ればそこそこ痩せる事はできる。

と言うか、50キロダイエットに成功していると言う、

妙なプライドと自信を持っていたりする。

ここまで極端にやる事は、

体重が100キロを超える才能を持った人にしか出来ない事だろうけど、

日々の生活に絶食を取り入れたり、

ちょっと痩せようと言う時にも、

そこそこ使える体験談だと思われる。

ちなみに今は、太らないように、

でも少し痩せるように、

カロリー摂取を調整している。

とりあえず俺が言いたいのは、

ダイエットはそんなに難しくない。

食わなきゃ痩せる。

それだけだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です